997GT3のタイヤ交換

997GT3のタイヤを交換しました。
製造から6年経ったタイヤは硬く、ひび割れもうポルシェ本来の味を堪能できない状態でした。
外してみるとリア内側はワイヤー寸前。
GT3なんて5000km毎のタイヤ交換で美味しいとこのみ楽しんだ方が良い気がします。
結局N指定に拘るも、納期の関係でN-2のP-ZEROになりました。
銘柄は特に拘りがありませんがMLのPSSを履いてみたかったのが正直なところで次回交換時は計画的に
納期を問い合わせ早めに準備したいと思います。

さて好調となった997GT3mk2ですが、軽井沢へ往復100kmの”慣らし”を兼ねてツーリングへ。
f0172875_7413196.jpg

エアコン、サウンドパッケージプラスの音質、もはやポルシェとは思えぬ快適性。
ただゆっくり走ると突き上げ感が多く、なんとも微妙な脚の設定が気になります。
996GT3RSの方が実は柔らかいかもしれませんね。

交換したタイヤは遮音性、振動の少なさが素晴らしくやはり新しいタイヤは違いますね。
前のタイヤは全てダメでした。。。5000km又は3年でタイヤ交換すべきです。

それができないお財布事情になったら自分はGT3を降ります。
こういうスペシャルなクルマは贅沢整備くらいが丁度良いと考えています、クルマに対し申し訳ない扱いはしたくありません。

さて、次の日いつものビーナスラインへ
f0172875_747929.jpg

早朝なので結構なペースで上がりましたが、リアの限界が高いです。。。
996GT3RSのリアが巻き込む気配と大違いで同じ骨格の996系・997系でこうも味が変わるかと驚きました。
S/CとPSMはONの状態で走りましたが、あまり介入してこないので今の自分の攻め込み具合では ON/OFFは関係ないでしょうね。
もっと巻き込んで欲しいのに安定志向。フロントの舵も異常なまでのリアリティーがありRRと意識する必要を感じません。なんだかMRに乗っているような不思議な感覚です。
3.8Lはトルクフルで狭い峠道なら6000rpmも回せば十分なスピードが得られます。

なかなか楽しめそうです。
しばらくは峠へ通う日々が続きそうです。
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-08-08 07:55 | その他クルマ

996GT3RSを手放しました。

996GT3RS、、、結局自分の所に来てから700km程しか乗らず。売却となりました。

理由は単純。これを維持・走り回るだけの甲斐性が自分には無かったからです。

当初、996GT3RSは964RSが高騰した為に乗り回す目的で購入しました。

購入決定時期は2014年8月。当時の相場は1000-1200万円。

現在の相場は???サラリーマンの私には乗り回すのは勿体無い金額。

乗れないクルマ=貴重なスポーツカー2台持ちがここ最近ずっとストレスになっていました。

思い切って手放す事にしました。

偶然のタイミングで997GT3後期型を手放したい方を見付け、譲ってもらい入れ替えが完了しました。
f0172875_1636014.jpg

オリペン、 OP満載、なかなか綺麗なクルマです。
f0172875_16365048.jpg

タイヤは新車当時の09年製。ばっさり新品へ替えてしまいましょう!
f0172875_16373764.jpg


空冷ばかり高騰で注目されていますが、GT3RSも尋常じゃ無い相場です。

997GT3RS4.0、997GT3RS3.8 、996GT3RS、997GT3RSの順番でしょうか。
流石にこの相場レースからは早めに降りました。 964RS一台あれば貴重車は十分です。

やっぱり投資家にはなれず、走り屋なんだと思いました。
この997GT3後期型は脚を変えたり、少しづづ自分好みに走行距離を気にせず使い倒したいと思います。
所有車も996GT3→996GT3RS→997GT3後期型と順当な進化を遂げています。
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-07-23 16:42 | 996GT3

友達のセブンで

CSR350の助手席にてドライブ。
f0172875_19354324.jpg

やっぱりセブンは気持ちよいですね。私自身はセブンの形状に魅力は特に感じていないのですが、
乗っている感覚は究極です。助手席でもドライバーの楽しさが伝わる貴重なクルマです。
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-05-30 19:39 | ケーターハム

調子が良くなってきた。

GT3RS。アライメントを見直し、かなり調子が良い。
f0172875_20272716.jpg

f0172875_202823.jpg

これで残すはエアコンのみ
f0172875_20285217.jpg

[PR]
# by Resonance07799 | 2015-05-20 20:29 | 996GT3

思い出

友人にお借りしたEOS70Dで撮影。
f0172875_2233943.jpg

GW少し前の写真をアップ。
f0172875_22264235.jpg

友達の国分寺シェアハウス前にて。
f0172875_22274048.jpg

964RSはRSなのに世の中に溶け込むところが美点。
f0172875_223016.jpg

ルビーストーンレッドは夕暮れ時が深い色で好み。
f0172875_2232222.jpg

現代のクルマでは珍しい配色。全て綺麗な色。
f0172875_22314963.jpg

こうやって写真を撮るだけでも964RSの価値はあると思っている。
f0172875_22383048.jpg

*chinoちゃんありがとう!
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-05-12 22:40 | 景色

整備中

GT3RSに乗りたい。
純粋に乗りたいと感じるのは久しぶりではないだろうか。
3月の前半からメンテナンスを始めているが、少しトラブルを抱えている。
f0172875_21531145.jpg

①ブレーキのジャダー。120km程度からのブレーキングで発生。低速だと判らず。
②右ラジエターからの冷却水漏れ。少々だが、正直こんな状態で飛ばすことなんて不可能。
③タイヤの賞味期限切れ
④フロントの接地感の無さ。
f0172875_21534097.jpg

①は社外鉄ローターが入っているため、リフレッシュを兼ねて純正鉄ローター(フロント996GT3用、リア997GT3用)へ交換。
②右ラジエターが劣化しているなら、センター、左ももちろん劣化。エア抜きの面倒はGT3で何度もやりたくないし気が済まない笑
③タイヤは07年のAD07からとりあえずP-ZEROへ交換。グリップ次第で変更するかも・・・
④先ずは現在、前後最強になっているスタビライザーを標準へ戻す、フロント真ん中、リア柔らかい方から2番目。
f0172875_21551981.jpg

①はオーダー中。
②は整備工場の作業待ち
③は済み
④も済み
f0172875_21562149.jpg

GWには全て完了し、アライメントへ出す予定。
整備費用をつぎ込む程愛着が湧くのは可笑しいかもしれないけど、少しづつ良くなるGT3RS。

早く本来の体調を取り戻して走り回りたい!!
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-04-02 21:57 | 996GT3

空冷と水冷

2台を並べる幸せ。
f0172875_21171568.jpg

空冷RSと水冷RS
f0172875_21165228.jpg

どちらのRSも自分の中では究極。
f0172875_2116219.jpg

世代なのか1985年生まれのとってのRSはこの二台なのだ。
f0172875_2115349.jpg

ノスタルジーでTHEポルシェが964。学生の頃のリアルタイムの憧れが996RS。
こんな2台を手に入れる事ができ、幸せを感じる。

現在GT3RSはタイヤ交換中。迷った挙げ句7年前に購入した996GT3で馴染みのある
P-ZERO ROSSOに決めた。スタビライザーも柔らか目に調整し、ツーリング用へ変貌。

GT3RSはサーキット用途に作られているが、足の調整とタイヤで普段も楽しめるクルマになりそうだ。
剛性感は996GT3シリーズ随一。
f0172875_21251772.jpg

マッドホワイト・ロールケージに、リビエラブルーの3点式。
なんとも賑やかな室内で妙にタイトに感じるのが心地良い。

正直964RSより狭いのでは?
さて、春からが楽しみだ。
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-03-25 21:28 | 996GT3

CaymanGT4と996GT3

ポルシェ・ファンがCaymanGT4の話題盛り上がっている。
もちろん私もその一人である。
なぜ、ここまで話題性があるのか。
f0172875_2230981.jpg

なぜ、ここまで惹き付けられるのか。
それは価格・ボディサイズ・スペックが当初の996GT3に似ているからである。
f0172875_2233296.jpg

最近のクルマは居住性と安全性の向上の為にどんどん大きく、そしてハイパワーになってしまった。
もちろんPWRによって擬似的な軽快感や、速さを手に入れてきた。
f0172875_22373193.jpg

しかし、代償として車両本体コストと消耗品コストをユーザーが負担する現実となる。
f0172875_22405244.jpg

これが良いのか悪いのか、きっとユーザーの考え方次第ではあるが。。。
CaymanGT4で盛り上がるポルシェ・ファンは上の現実を良く思っていない。
f0172875_2248245.jpg

軽量コンパクトが大事と感じる、速さより楽しさを求めるポルシェ・ファンが多いということだ。
この方向性を久しぶりに示したことで、近年のポルシェに感じていた不信感から少し私は解放された。
・・・996GT3に続く名作の誕生を予感させる。
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-02-17 22:57 | 996GT3

様々な場所に馴染む

f0172875_22365451.jpg


964RSの良いところは、RSシリーズで一番地味なところ。
他のRSシリーズは体育会系なイメージ全開でお洒落な911とは明らかに違うオーラを持ったものばかりだ。
確かにその硬派なオーラも堪らない。
しかし、写真を撮影すると他のRSモデルはサーキットが似合う。
996GT3RSが手元に来て、その推測は確信へと変わった。

964RSはほぼベースモデルのデザインから車高を下げただけのデザインである為
街中に溶け込むのも頷ける。
1992年製の964はネオ・クラシックと評されるポジションに落ち着いた今、写真のような過去になってしまった田舎の繁華街の雰囲気にもマッチし、存在感を主張できる。
[PR]
# by Resonance07799 | 2015-01-13 22:48 | 景色

美しいクルマ。

とある場所でコレクションを拝見させて頂きました。
f0172875_1718087.jpg

f0172875_1718303.jpg

f0172875_17185299.jpg

f0172875_17194725.jpg

f0172875_173203.jpg

言葉は要らない。
[PR]
# by Resonance07799 | 2014-10-31 17:31 | その他クルマ

戻ってくる水冷ポルシェ。

観れば見る程、レトロ感を感じる。
f0172875_23371899.jpg

ホイールの塗り分けで品を保てるのは流石ドイツ。
f0172875_23332293.jpg

[PR]
# by Resonance07799 | 2014-10-28 23:38 | 996GT3

何が起こるか判らない。

きっと人生の殆どがそういった予想外の流れで構成されている。

R500を5年間所有した経験がが実績となり、自分の知識となる。

ここで突然、R500を手放す事を決心した。
f0172875_2217554.jpg

クルマの出会いは、人の出会いと全く同じ。

また魅力的なスポーツカーに出会ってしまった。
F40や512BBでは無く、、、別のクルマだ。

軽量なスーパーセブンはまた乗る機会があるだろう、けど今はこの出会いを大切に。
乗り換えを決意した。クルマ自体は今週末にご対面。
[PR]
# by Resonance07799 | 2014-10-23 22:19 | ケーターハム

お盆突入、早朝ドライブ。

漸く仕事が片付き早朝ドライブへ。
お盆中の天気はイマイチで、本日が唯一の晴れ日。
友人のCSR350と同じ貸しガレージに保管してあるR500を始動し目指すは霧ヶ峰パーキング。
濃い霧の中ビーナスラインを駆け上がると山頂は晴れていました!
f0172875_1459998.jpg

何故か揃ったカラフル・スポーツカー。
意気投合し、皆で美ヶ原パーキングまでランデブー。
f0172875_1505627.jpg

峠でセブンは最高のドライバリティを示す。
ポルシェ911とスーパーセブン。どちらも大好きなマシーン。
個性も性能も、味も何もかも違うけど機械機械したところは共通項。
f0172875_153156.jpg

f0172875_153343.jpg

並べると綺麗。セブンはアルミ地が多いけど、色付きセブンの方が好きな自分。
スーパーセブンやポルシェにクラシカルな雰囲気は求めていない。
運動性能が良いマシーンとしてのクルマが好き。
f0172875_1563922.jpg

こうしてオーナーとお話するとポルシェ好きのセブン乗りや、セブン好きのポルシェ乗りが多くて嬉しい。
f0172875_1585489.jpg

左が自分のR500。写真を観れば判るが燃料キャップの鍵部を紛失してしまった。走行中に外れてしまったらしい。新型のキャップに交換予定である。
右は友人のCSR350。最近購入し、2台目のスーパーセブンにCSRを選んだ。
脚が動く事に期待、現代の技術のセブンを峠で攻め立てる。
f0172875_15115087.jpg

左は友人のR500。最近exigeからの乗り換え。彼も2台目のスーパーセブン。
頻りに「R500は難しい」と話していましたが、半年も乗れば慣れてしまうことでしょう。

この後、マッドブラックのexigeを試乗させて頂きました。
320hp,ターボ,シーケンシャル。ハードなサーキット仕様。
f0172875_15142259.jpg

凄く刺激的で過給が始まってからの音と動きがグループBラリーカーの雰囲気。
貴重な経験をありがとうございました。

その彼にR500に乗った事がないとのことで、お礼を兼ねて試乗して頂きました。
外から聴く自分のR500のエキゾーストサウンドはリッターバイクのような軽いリズミカルなもので
シフトがもっとバイク的に速ければ4輪か2輪かわからない程。。。
「エンジンが凄く良い、シャシーの剛性も高くブレーキも効き運転し易い」と評価を頂きました。
「少しリアの車高を上げた方が自分好みになる」とも。
f0172875_15223684.jpg

自分はブレーキングの安心感をフロントのクイックさより大切にしています。
RRに近い挙動を示す、そんなR500に仕上げています。
[PR]
# by resonance07799 | 2014-08-14 15:26 | ケーターハム

964RSを転がす。

964RSでカフェへ。
乗るのも勿体無い、乗らないのも勿体ない。
空冷高騰時代に突入の中、RSとどう向き合うのがベターなのか悩むオーナーも多いのではないだろうか。
f0172875_22141892.jpg

大切に乗り、次世代へRSを繋ぎたい。
自動車である以上、走る事で機関を維持するのがオーナーの仕事。
f0172875_22154447.jpg

温泉街を空冷サウンドが響く、ゆっくり駆け抜けても心地よい。
f0172875_22163774.jpg

街中のガラスに映る車体が美しい、964のデザインにパステルカラーは王道な組み合わせ。
f0172875_22161541.jpg

飲食に代金を払うのでは無く、カフェで過ごす時間に代金を払う。
車両に代金を払うのでは無く、RSに乗る時間に代金を払う。
f0172875_22172532.jpg
f0172875_22165792.jpg

独特の窓輪。
こうして勿体ない事を理解しつつも少しづつ距離を延ばすRS。
涼しくなる季節にどこへ行こうか。
[PR]
# by resonance07799 | 2014-08-06 22:32 | 景色

スポーツカーを未来へ。

f0172875_2032598.jpg

ブログを書き始めて6年になりました。趣味車はGT3からR500、964RSの増車となりました。
この6年の間にリーマンショックを経験し、311も経験し世の中の状況がかなり変わったと感じます。
f0172875_20325448.jpg

5年程前のブログに書いた通り、ハイブリットスポーツカーがフラッグシップに現れ、ツインクラッチが世の中を占領する現在。2014年。
f0172875_20332419.jpg

ソフトクリームを食べながらニコニコしながらダーティなスポーツカーで遊べる日はいつまで続くでしょうか?
f0172875_20335095.jpg

セミ・カーボンモノコックを得た小型廉価スポーツカーも販売され始めました。
マニュアルトランスミッションのクルマが希少なクルマとなり、、、、、
f0172875_2034134.jpg

次の6年後を予想すると何となく浮かんできます。
このネタの流れでいくと大抵の人は最新のクルマは、、、のような。

自分は古典主義者では無いので否定する気もありません。

ただただスポーツカーが好きなんです。

良いスポーツカーが発売されたらいいなと思いつつ、ずっとこの2台体勢で生きて行く気がします。

R500は正直こんなにハマると思っていませんでした。
特に形が好きだった訳でもなく、スーパーセブンに憧れていた訳でもありません。
たまたま買った当時速いスーパーセブンが自分の肌に合っただけだと思います。

ローバーK R500は90年代の技術の結晶で、完璧過ぎないエンジンマネージメントのレーシングエンジンと古典的な軽量シャーシの組み合わせで何とも言えないフィーリングです。

きっとこれ以上古いモデルでも新しいモデルでも肌に合わない気がします。

っと自分を冷静に考察すると、私は1985年生まれ。

小学生が1991年から1997年、中学生が1998年から2001年。

964RSやR500が自分が雑誌やテレビで見てきた時代の乗り物なのです。

ディーノや356、ハコスカなんかを大切に乗る世代と同じことなのかもしれません。
[PR]
# by resonance07799 | 2014-06-25 20:36 | ケーターハム

964RSには良い季節


f0172875_20281058.jpg

エアコンの無いRS。この時期に乗らず、いつ乗る!
f0172875_20152316.jpg

という訳で出発。
f0172875_20161036.jpg

ビーナス山頂は盛り上がっていました。
f0172875_20165248.jpg

美ヶ原から霧ヶ峰、白樺湖へ。
f0172875_20175741.jpg

 RSは絵になる。
f0172875_2018354.jpg

今回は”ゆっくり”ドライブ。
ゆっくり走っても、、、楽しいRS。
[PR]
# by resonance07799 | 2014-05-19 20:22 | その他クルマ

R500でツーリング

今回はRSはお休み、R500にて。
f0172875_145048100.jpg


R500もタイヤコンパウンドをMからG/Sに変更しました。

f0172875_14514097.jpg


私の乗り方で4000km/3年ももってしまい、ゴムが硬化を始めていたため丁度1シーズンでタイヤが無くなるような使い方をしたかったので・・・

f0172875_14541657.jpg


タイヤ交換後は凄まじいグリップと共に、流れてからも前に進む雰囲気があり運転が楽しくなりました。

コーナーが速すぎて、ストレートの加速も180kmまでなら敵無し、減速も。。。

何度乗っても速い!RSがスローモーションに感じてしまうぐらい速い。このスピードについてこれるのはRadical等の軽量レーシング系だけでしょうね。。。

R500の楽しみ方は全てを忘れ集中して攻めること、それに尽きます。

官能性能は速さの中の一部であって攻めること自体にしか気持ちよさがありません。

タイヤの減り具合は、

現在走行750km時点で、8分山といったところでしょうか?ちょうど秋には無くなってくれることでしょう(笑)

タイヤが変わった為、少し減衰を弄っていますが縮み側をもう少し柔らかくしたいのですが、調整範囲はソフト方向です。

ダンパー交換後2500kmでは流石にO/Hは早そうですが、次の春の車検のタイミングで仕様変更をかけるかもしれません。
f0172875_14523019.jpg

[PR]
# by resonance07799 | 2014-05-11 15:04 | ケーターハム

964RSが手元へ。

全く更新していないブログで更新。

964RS納車後、タイヤ交換を済ませしばしドライブ。
f0172875_22394213.jpg



嬬恋、裏榛名、ビーナスラインと350km程走らせました。

f0172875_22424529.jpg


印象はちゃんと荷重乗せないと曲がらない&反応しないが、ちゃんと操作すれば反応する。

一瞬のタメがあって、そこから動く感じ。フロントが生きてる下りの方がハイペースで走れてしまう。

パワー感とハンドリング、ブレーキ、全てのバランスが丁度良い。

どこかが抜け出ていない事がこのクルマの魅力。本当に気持ち良く、素晴らしい。

帰り道、綺麗なところで写真撮影。お疲れさま。
f0172875_22371538.jpg

f0172875_22382143.jpg

[PR]
# by resonance07799 | 2014-04-24 22:44 | その他クルマ

S2000の現状と状況

購入後、もうすぐ2年。
f0172875_22484235.jpg

LHDもいい感じに仕上がりました。
f0172875_2249234.jpg

この程度で止めておくのが長続きする秘訣でしょうか。
f0172875_22501145.jpg

[PR]
# by resonance07799 | 2013-10-02 22:50 | その他クルマ

納車

f0172875_0591479.jpg


北米仕様 型式 JHMAP2納車
[PR]
# by Resonance07799 | 2012-02-10 01:00 | 初めてのこと

冬のスポーツカー

毎日スポーツカーに乗ると季節が手に取るようにわかる。

濡れた路面、凍った路面、気温、湿度。

f0172875_0181755.jpg


S2000はやっぱりいいクルマだ。

f0172875_0222022.jpg

[PR]
# by Resonance07799 | 2012-01-30 00:18 | 景色

RECARO

クルマ初めて手に入れた18歳の夏。

初めて手を入れた部分はRECARO SEATからだった。

RECARO SP-Gからスタートしたチューニング・カー

現在のS2000にはこの日本向けモデルRS-G CLを選んだ。

f0172875_23242539.jpg


18歳当時には、価格の高いフルバケットシートの意味が理解できなかったが
手触り・座り心地・ルックス、ホールド性能だけを求めない大人なアイテムだと理解している。
[PR]
# by Resonance07799 | 2012-01-16 23:25 | その他クルマ

RICOH GR DIGITAL

初めてカメラを買いました。
26歳にて初カメラ。

RICOH GR DIGITAL Ⅲ

f0172875_23555458.jpg


Ⅳ発売されて型落ちですが、持ち運びし易くスナップ向きという特徴をカメラ好きの友人に教えてもらい購入しました。AFがありませんが、テクニック向上の為無くても良いそうです。

とりあえず色々撮って遊びます。
[PR]
# by Resonance07799 | 2012-01-15 23:56 | 景色

メンテナンス準備

今回もcatehamUKよりfedexで届きました。
f0172875_2343273.jpg

発送の知らせが11/1で到着が本日11/7か。6日間で届くなら£150の送料も仕方ないかと。
早速パーツの検品と部品番号のチェックです。
ケータハムの部品チェックが楽しいのなんの。
色々な日本メーカーの部品が多く自分なりにリストを作成しています。
ベアリング・ジョイント類など殆ど日本製で次回からは国内商社経由で製品番号で直接発注します。
f0172875_23432593.jpg

これで、今後のメンテナンスに掛かる費用は更に下げる事が可能でしょう。

足回りフルO/Hで20万円いかない自動車。素晴らしいcaterham。

とりあえず、12月に入り保険を変更後
馬を掛けて足回り全バラします。

今年は車両が10年経過ということで

ダンパーO/H(エナペタルに依頼)
ダンパー上下ブッシュ交換 
アームブッシュ全交換
ナックル下部ピロ交換
スタビブッシュ全交換
スタビボール交換
タイロッド交換
ステアリングラック交換
ラックブッシュ交換
ハブベアリング全交換
ブレーキキャリパー全O/H
サムコホース類全交換
エンジンマウント交換
ミッションマウント交換
ベルト類全交換
デスビ周り全交換
ノーズコーン再塗装
サイクルフェンダー再塗装
f0172875_23433927.jpg

ブレーキマスター交換→APへ
触媒→ストレートへ

順次作業をする予定です。
[PR]
# by Resonance07799 | 2011-11-07 23:44 | ケーターハム

s2000は楽しい

S2000は楽しい。

f0172875_19471697.jpg


今後もきっと、残る希少な国産車になるだろうな。
[PR]
# by resonance07799 | 2011-05-30 19:47 | その他クルマ

早く乗りたいな

f0172875_111533.jpg
春が待ち遠しいです。
f0172875_17595.jpg

[PR]
# by resonance07799 | 2011-02-06 01:15 | ケーターハム

ドライブ記録

4月~5月だけで1000km近く走行しました。
f0172875_23374914.jpg

本当に運転が楽しくてクルマから降りたくない自分がいます。
f0172875_2338037.jpg

4月28日オイル交換。

ベルハウジング→上抜き2.8L
エンジン本体→下抜き2.2L

f0172875_23425047.jpg


f0172875_23382032.jpg

これからSタイヤに交換します!
コーナーの速さが加われば鬼に金棒♪楽しさ倍増♪
[PR]
# by resonance07799 | 2010-05-13 23:38 | ケーターハム

nujabes

昨夜、nujabesことsebajunさんの他界を知った。

それからずっとnujabesを聴いている。

音楽には詳しく無いのであくまでも自分の考えですが・・・

関連のコメントを呼んだり色々考えてみましたが、seba氏の曲は基本的に生音系の曲が多く自然に感じるものが多い。

この"自然に"が難しい表現で良く言えば利益、売れる曲を作ろうとしていない自然さ。
f0172875_208519.jpg


最近はクラブやイベントも電子音系ばかりに顔を出していてseba氏の存在を忘れてしまっていた。と言ってもクラブで疲れた後、掃除中や、会社の昼休みまで・・・

テンションを上げたくない時の多くにnujabesをipodに入れて聴いていた。
曲の多くは時代(古さや新しさ)を感じる事は無いし今後も変わることも特に無さそうである。

彼がモチーフにした原曲を探すのもnujabesを聴く楽しみでもあった。

過去の良い曲を現代風に解釈するセンスは抜群で、なかなかそんなアーティストはいない。

特にnujabesはそう思わず宗教や信仰に近い何かある気がする(笑)

そしてseba氏が他界した今、それが加速する気がする。

って訳で今日は半日有休取ってのんびりドライブでリフレッシュ
f0172875_20820100.jpg

[PR]
# by resonance07799 | 2010-03-19 20:08 | 音楽

暇つぶしに・・・

f0172875_2344969.jpg
書き始めました。。。
[PR]
# by resonance07799 | 2010-03-04 23:44 | ケーターハム

仕事と趣味と・・・

ちょこちょこ融雪剤が無さそうなタイミングを見て週末は乗るように心がけています。

f0172875_2341355.jpg


ケーターハム乗れば乗るほど車体剛性の無さと足回りのバランスが良い事に驚かされます。

雪も溶けやらぬ2月ですが、春からの峠用Sタイヤを注文しましたよ~♪

いよいよもうすぐHONDA CR-Zの発売開始ですが、そんな中ポルシェからも技術的に興味のある1台が発表。
f0172875_23404683.jpg


ポルシェはレース投入後間違いなく、その技術をロード・カーに流すと思われるので
ポルシェの通常のAWDモデル以外にフロントモータータイプもラインアップに追加される可能性がありそうですね。
もちろんキャパシターの小型化と軽量化が先の課題でしょうが。
実際何キロ程度のシステムなのでしょうか?
スタンバイ4WDで旋回時、ブレーキング時、加速時の姿勢補正等にフロント・モーター使う程度なら採用してくる可能性もあるんでは無いでしょうか?
時期911の目玉アイテムになんて。

ただポルシェが動き出したということは、今後の国内外の全スポーツカーにこう言ったモデルが普及する可能性が増えて来た訳で、、、
いよいよ「ハイブリット・スポーツカー時代の幕開け」そんな2010年になりそうな気がします。
デフが必要無くなり電子制御でコントロールが容易ですから、曲がる車作りもウェイト・ハンデを潰せれば”普通の人がのるAWDスポーツカー"としては十分成り立つ気がします。

味を求めている自分には結局ガソリン車が趣味であり、趣味として眺めて、磨いて、ドライブを堪能したいかと言うと結局難しいと思いますが・・・

自動車関連エンジニアとしては不思議な気持ちです。

仕事と趣味が2つに割れてしまう葛藤を感じている同業者は意外と多いのでは無いでしょうか?
[PR]
# by resonance07799 | 2010-02-17 00:02 | ケーターハム